目の下のたるみは治療で改善│フレッシュEYE美容

治療方法を知る

美味しそうな食材

目の下のたるみ治療の中でも多くの美容外科で取り入れられるようになっているのが切らない脱脂術と呼ばれる治療方法です。この治療の中でもまぶたの裏側から行う系結膜脱脂術は、傷口も見えずにダウンタイムも少ないことから多くの人から人気のある施術となっています。この方法で治療をした場合、1週間程度まぶたが腫れる場合がありますが、日常生活に支障をきたすレベルではないです。この施術はたるみに対する効果は抜群と言われており、目の下のたるみだけでなく、クマも同時に治療出来る場合もあります。加えて、半永久的に効果を持続させることが可能なので、一度施術をすると若々しい印象をキープすることが可能となっています。

目の下のたるみに効果的な施術には、ヒアルロン酸注射やレーザー治療などもあります。目の下のたるみ以外の治療でも利用されることが多いヒアルロン酸は、目元のたるみを持ち上げる効果もあり、ハリのある目元にすることができるので、一気に印象を若返らせることが可能です。レーザー治療の場合は、目元にレーザーを照射することによってコラーゲンなどの生成を促進させることを目的としています。基本的に加齢で発生する目の下のたるみは、コラーゲンやヒアルロン酸などの生成が衰え、筋肉が低下することによって発生するので、加齢が原因のたるみには効果的といえます。レーザー治療の場合は身体への負担がほとんど無いので安心して受けることができます。